社員ブログ PERSONNEL BLOG

  1. ホーム
  2. 営業所一覧
  3. 石橋典子の記事一覧
  4. 無料招待日帰りバス旅行

無料招待日帰りバス旅行

投稿日:2019.10.22

某コンビニポイントカード会社から旅行招待の案内状が到着しました。

どうも私がターゲット内にあるらしい。

こういった類のものが届くと

どのようにして採算が取られるのやら

気になる!

というか、自分なりに解読したくなるのは、私だけかしら??

頭の体操みたいな感覚です。

以下は、あくまでも私の感覚的な妄想であることをご了解の上

暇な方だけ、ご覧くださいませ

 

現段階では、私の個人情報はコンビニカード会社から第三者へ出ては無いようですが

旅行の申し込み先は、某旅行社になっていますから

自分で自己情報をカモ登録する流れになるのでしょう。

 

私宛の郵便宛名ラベルシールを含む部分が申し込みハガキになっており

ポイントカードNOが並びを替えて載ってます。QRコード、私に振られた番号、バーコードみたいなものも載っています。

何が記録されているのやら(謎)

 

ご案内頂いたバス旅行内容には

美しい紅葉風景の写真がデカデカと掲載され

出発日:11月26日~12月5日の間の希望日(10日間毎日開催)

出発地:草津駅周辺・大津駅周辺・堅田駅周辺

出発予定:朝7:00~8:00

目的地

①ジュエリー工房見学やショッピング:75分

②信楽陶苑で昼食:50分

③伊勢神宮観光・参拝:90分

④水産物店でお買い物:30分

⑤水沢もみじ谷観光:40分

各出発地へ帰着:18:30~20:30

参加費

本人:0円

同伴者:5,990円+税

バス座席位置指定(前席や後席):500円+税

昼食追加代金:牛鍋追加+1,000円+税、すき焼き等追加+2,500円+税

とあります。

 

参加者は、②~⑤を楽しみに、①に付き合うことになりそうなことから

①のジュエリー工房が、大方のスポンサーでしょうか???

 

ネットをポチポチしますと

過去の同様の旅行記が出てきました。

ターゲットは、50代から80代くらいに絞られているみたいです。

①に到着後は、約30分説明を聞き→工房作業風景は僅かだったらしく→約40分展示販売会場

展示販売会場では、スタンプカードが渡され

ジュエリーを試着するたびにスタンプが押される流れで

3スタンプ+アンケートに答えるとプレゼントが貰える

いちごミルク飴🍬1個とか、お手拭きのような使い捨て👓クリーナーが実績だったみたいですが

事前には「素敵なプレゼント」と聞いていたそうな🤔

 

試着するたびにマンツーマンで接客が出来る販売員とのせめぎ合いアリですね😓

 

旅行記では、私の居住地近くにジュエリー工房がありました(写真では結婚披露宴を行うような会場風)

45分ごと位にバスが到着し対応されるとすると、

近場の私宛スケジュールは、朝7時30分①に到着、8時から展示販売会場でしょうか

遠方からのスケジュールでは、日中に①(その場合は伊勢観光ではなく湖東三山か比叡山の紅葉観光かな?)

そこそこ近場の近江八幡や彦根発着は、18時から①にすれば

朝8時頃~19時頃まで①は営業フル稼働出来そうで、その間11時間

バスが45分ごとに到着するとして11時間(660分)÷45分=約バス15台

乗客40人としたらxバス15台=600人

600人x10日間=6000人と接客が出来そうです。

そして、スタンプ押印欲しさに皆がジュエリー試着3回するとすれば、

18000回の販売チャンスありです。

 

10人に一人(バス1台中4人)が、ジュエリーを購入するとして

平均10万円の購入で利益9万円(あくまで妄想)では、9万円×600人=5400万円の利益となります。

 

伴う支出としては、

A、案内ゆうメール(印刷代含む)70円×30万通=2100万円(50人に一人が参加するとして30万通必要)

B、某コンビニカード会社へ、ターゲットの情報協賛金100円×30万人分÷50(参加者分のみを情報料とする)=60万円

※顧客情報で利益を得るのか?

C、バス(高速料・駐車料金含む)10万円×150台=1500万円

D、昼食500円×6000食=300万円

E、ジュエリー工房が貸会場としたら10日間の会場代=300万円

F、ジュエリー工房の設営費=200万円

G、ジュエリー工房の接客員の日当(交通費込み)2万円×15名×10日=300万円+販売歩合加算200万円

支出合計:4960万円になります。

 

40人の乗ったバスが、コンスタントに到着したとしての計算上でも

売上利益5400万円-A~Gの支出合計4960万円=純利益440万円となり

それではリスクの方が勝りそうですから

これほどの支出はしない か、 もっと客単価利益が高額でなければ成立しなさそうですが、

参加同伴者、1名につき5990円+税=6589円が多ければ多いほどコストが下がります分がありました。

バス座席指定料金、+550円についても、

昼食追加科加算費、+1100円、+2750円についても、ありました。

 

バス1台40人中おひとり様が10名、同伴者アリ様が15組とすれば、

同伴者参加費6589円×15名=98、835円

バス座席指定が、+550円×6名=3300円(ザックリ)

昼食追加注文が、+1100円×8名=8800円の内、食堂への支払いを除く1760円(ザックリ)

バス1台当たりの追加料金:103,895円となり、凡そバス代(10万円)がカバー出来そうです。

 

期間中のバス150台に換算しますと、合計1558万円の追加料金になりますが、

実際には、満席にならない場合を考えて、1558万円×80%=1246万円の追加収入が見込めると妄想

あとは、水産物土産物店からのキックバックを3000円×バス150台=45万円として

追加収入:1291万円

 

先に妄想しました支出のうち、A~Dの3960万円から、追加収入の1291万円を差し引きますと、2669万円

某旅行社も利益を乗せますから、某旅行社からジュエリー工房への企画請求額は3000万円かな?

ジュエリー工房は、E~Gの直接経費1000万円がさらに必要ですから

トータル4000万円の経費となりますことから

私の妄想をもっと上回るジュエリーを販売する計画かもしれません。

 

さて、視点を参加者側に向けてみますと

②~⑤に掛かる代金を旅行代金とした場合、

バス1台=10万円

昼食代500円×40名=2万円

トータル:12万円、

12万円÷40名=3000円(一人当たり)

実際には。宣伝広告費無しに企画旅行を知れませんし、

旅行社の利益も加算されますから、もう少し価値があるとは思いますが

無料(タダ)で参加させて貰うとなると、

その負い目から、話を聞かねばならなかったり

雰囲気に流されて高額商品をクレジット契約するリスクが考えられます。

なので今回の無料(タダ)旅行には参加しないでおこうと思います。


石橋典子

管理部

係長

石橋 典子

1985年に入社しました。
2012年から本社管理部に仲間入り
滋賀県から通勤しています。
好きな仕事をして、デパ地下で買い物して、進んで家事をこなしてくれる主人との緩い目の生活を送っています。
よろしくお願いします。

新着記事

採用情報 RECRUIT

数多くの企業の中から縁があって西川産業に入社し、働いている社員は大切な仲間。
研修制度や福利厚生に強く力を入れているのは、
「よく働き、よく遊ぶ」ことこそが社員の人生をより華やかにすると信じているからです。
この縁を大切に、新な仲間との出会いを心より楽しみしています。